「Propack」

企業のグローバル化、成長戦略のための業務パッケージ

Business package for company's globalization and growth strategy.

 
 

人口減少が進む日本の産業構造の変化は、私たちの社会生活に影響を及ぼしてきています。国や地方自治体、企業や教育機関はもちろん、家庭においてさえも人口減少の影響は避けられない状況になってきています。人材不足、マーケット縮小、税収不足、保育士や介護士不足など。日本の人口ピラミッド、将来人口推計グラフ(下記、図参照)を見れば、ビジネスのボリュームも同時に減ってくることは理解しやすいと思います。

将来のために、効率を良くして、業績を維持、発展させる方法を取り入れる必要があります。

↑日本の人口ピラミッドと将来人口推計

↓インドネシアの人口ピラミッドと将来人口推計

 

一方、インドネシアの人口ピラミッド、将来人口推計グラフ(上記、図参照)を見れば、これから先も人口ボーナスが続き、この先数十年は日本が直面している 人口現減少問題に起因する社会経済問題とは関係ないことが理解できます。

ここで、両国の人口構成を重ね合わせてみましょう。(下記、図参照)

人口分布において若年層から老年層にいたる各年齢層もバランスが取れ、両国の相性の良さが見て取れます。

このように、日本固有の問題も国際的な視野に立てば、 展望が開けます。

双方の強弱点(労働人口のボリュームと業務経験やスキル)はお互いに補い合う関係であることが見て取れます。



 

このような状況を踏まえ、私たち国際設計では、日本でのビジネス環境改善のためのプログラム、

業務パッケージングサービス 「Propack」 を用意しています。

日本で確保しにくいマンパワー、あるいはコストのかかる業務を、日系企業の業務経験あるインドネシア人マネージャー(※)が率いる専門チームが担当 する。あるいは、日本人が担当できないグローバルな業務を専門チームが担当する。そのような業務をワンパッケージにして分離発注し、プロジェクトを コーディネートする。それが私たちが提供する「Propack」です

(※)インドネシア人マネージャー : 日本の大学を卒業した留学生ネットワークを利用し、プロジェクトマネジメントを行います。日イ間のコミュニケーションや文化 のズレやリスクを軽減し、両国のチームメンバーをスムーズに連携する体制を用意しています。

☆現在、このサービスの対象フィールドは建築設計関連業種を想定しています。

例えば、

建築土木業界の革命的なシステムと言われているBIMやCIM を活用した分離発注業務、

国際入札を適用するために必要なグローバル仕様の入札図書を作成する業務、

日本の設計会社や専門工事業者のグローバル・ローカルエンジニアリング業務、

など、従来の日本では 持ち合わせないスキルが必要なグローバル関連業務が可能になり、国際マーケットに照準を合わせたより高次なレベルのビジネス戦略を実行することができます。どのような分野で、この「Propack」サービスを利用するかはアイデア次第です 。自らのプロジェクトに当てはめ、業務の効率化、最適化モデルを構想してみましょう!


お申込み、お問合せは こちら から。 


トッ プコンセプト業務内容 プロジェクト建築相談・費用お問合せブログ業務提携・募集|
 

国際設計 一級建築士事務所

日本とインドネシアの建築都市文化交流・プロジェクト支援

 

| 福岡 | ジャカルタ |


Copyright : (C) 2015 KOKUSAI SEKKEI  Architects, Engineers and Consultants Firm. All rights reserved.